プログラミング講座の例

中学生・小学生プログラミング学習ではまずJava Script をオンライン教材化しました。ここからのリンクがそのひとつです。これに音声の説明をつけます。
つづいてPython・PHP と実務プログラミングの教材化が続いています。いち例でおわかりのようにたいへん見やすく、また段階を追った説明で進めていますから、本を読んで学習するよりも理解が早く、高額のプログラミングスクールと同等の知識を得ることができます。
あとは
①命令数を増やし、知識を付加していくこと。
②実際のプログラムを解読して、命令や論理のつかいかたを学び取る。
という勉強で技能が向上します。

小学校低学年につきましては文部科学省の進め方に汗て、スクラッチ・ロボット操作を取り入れる方向で、調査や情報収集をしています。スクラッチについてはまもなくやさしい教材化をしますが、もともと本もたいへん優しくは書いてあります。親子で楽しく取りくむコミニケーションしながらの勉強という印象を受けます。

中学生プログラミング無料普及活動で、JavaScript の中級レベルをオンラインに載せました。どこから中級という基準はありませんが、中学2・3年理数的に強い生徒あたりから理解ができるかなということで中級としました。2次元配列が何年生で習うか現在解らないのですが、習っていなくてもプログラムを組む生徒がいる可能性はあります。
ただ平面座標が小学校4年生に出て来るとネット上にあります。早く学習塾の運営のかたが活動参加をしていただけると、早く正確なことが把握できます。
こちらが配列のプログラムです。

http://ytown.jp/pro-jasc/js-8/1.html

Python 教材を制作中です

http://doctor1.boy.jp/ph-1/1.html