ご挨拶と活動方針

私はコンピューターがたいへん好きです。
いち番最初の仕事は文部省(現文部科学省)下で富士通FACOM230というシステムを使い、新しい電算処理システムの開発に従事しました。それから堅実な金融機関に勤めることになり、しばらくコンピュータから離れましたが、個人で買える時代になるとさっそくIBM製を購入して毎日のようにプグフラムに取り組んでいました。
昔のBBSというコミニケーションのネットワークは文字が画面の下からせり上がったのを、現在のインターネットのように1画面管理の親局ソフトを開発し、富士通研究所から見に来られたことがあります。
その後はホームページの活用が拡大しますと、そちらの工夫と制作をして医療の情報発信をしていました。
最近になってインスタグラムのような商品画像を一覧管理するプログラムの開発に取りかかったところ、良いSEに巡り合わずにさんざんなことになり、もはや自分で今のプログラミング言語を勉強して完成させるしかないという覚悟に至りました。
そして厚い本を開いて学習を進めたところ、現在のプログラムも優しいのに拍子抜けしました。やさしいと言っても小学校の算数のようにではありませんが、JavaScript というインターネット構築の言語が難少なく理解できてしまいました。
さらにPHP・人工知能用のPython と進むと、どれも理解できて他のひとも理解が進むオンラインテキストを制作するまでになりました。
それでSEや間に入った者が膨大なプログラム開発の金額を請求していることがわかりました。同じくプログラミングスクールがあまりに高額な料金を取っていることもです。
現在は挫折率が高い難関のC言語をわかりやすくテキスト化してあります。

そのころ使っていたコンピューター

     「コンピューター博物館より引用(http://museum.ipsj.or.jp/)

私は3つの活動を掲げています。
①若い世代のひとがプログラミングを習得しその道に進むか、直接でなくてもプログラム開発の料金がわかるようになること。
②7人にひとりと発表されている貧困家庭の児童がプログラミングを習得して将来貧困連鎖を断ち切ること。
③プログラミングで脳と意欲が活性化することを実感し、1・2年生でプログラミングを学び3年で受験体勢に入るという勉強法の確立。
②についてはコンピューター技能者の数の底上げをして、当地福井県が、さらに日本が技術水準が高い国にすることです。

活動にはかならず資金が必要です。NPO法人やボランティア団体の多くは補助金に頼ったり寄付を募っています。当活動は自助努力の活動により資金を得る方針です。それでいて多くのひとがプログラムの勉強ができるように無料も含めて安価な学習費で可能にしています。

  • プログラミング技能者を増やし、また貧困児童の将来の連鎖を断ち切る
  • プログラム学習の教育費低下と、適正なシステム開発費
  • 寄付に頼らない自助努力活動をする

Q.無料と有料の活動があるのですか。
A.新コロナウィルス禍もあり、生徒集客に苦戦している小規模学習塾支援として、学習塾は安価参加料をいただき維持します。そして生徒はプログラミングの勉強が無料です。
これ以外のしくみでの生徒は有料です。しかしながら一般プログラミングスクールでは10万円、20万円、さらには40万円などもありますが、月数によるものの2万円程度で学習ができます