自宅学習塾開設も可能

月にあと5万円あったら、あと10万円あったらと思いませんか!

一般教科のオンンライン学習であるNPO法人eboadを導入して、自宅活用の学習塾を開くことができます。近隣差別化は『無料で本格的プログラミングが習える』です。
eboadは学習塾として使用するには月6,000円の使用料を支払うことになっています。
プログラミング工房では10,000円/月のところ、普及キャンンペーンにより月6,000円です。(消費税別)

自宅を利用し近所の生徒が10人から15人。
月謝が1万円前後。
就業拘束時間が少ない学習塾経営活動ができます。eboadとプログラミング工房活動はまったく別ものであり、当工房が質問回答や運営の相談にのることはいたしておりません。


プログラミングの学習ではどうしてもわからない質問はメールで受け付け、サーバー保管プログラムを読み出して点検をします。
回答は詳しく公開をして共有します。この蓄積がたいせつな勉強材料源になると思っています。
基本的には学習教材を自分で打ち込み、作動してみながらプログラムのしくみを覚えてしまう学習となっています。
将来は幹として習得したものに命令語を枝葉として増やすことで実務のプログラムを組むことができます。

スーパーのレジより楽しい

ロボットカー5台でロボットセミナー

二人でひと組になり、合計10人の
ロボットセミナーを開きます

このようなロボットカー5台(予定)を準備し、地域でロボットセミナーを開催できます。大きなスクールや大手企業が開催しているのと同じように生徒の関心を高め、自宅学習塾をアピールできます、
ロボットは会社独自の簡易なプログラミング言語ではなく、学校の授業で習うScratch とAiに使われるPythonで作動しますから、本格的なプログラミング学習になります。

小学校1・2年生の生徒に簡易ロボット

こちらはップログラムを自由に移植するロボットではないのですが、指示どうりに動くという命令の基本を体感し、遊び心も楽しむことで、小学生1・2年生のタブレットオンライン学習への生徒集客になります。
また上級生も、ロボットカー利用の待時間に楽しむ方法があります。
私は9年間少年少女空手空教室を指導しましたが、子供は空手で強くなろうというより、『何かおもしろいことがありそう』ということで大勢の練習生が来ました。

その他の説明