子供空手と無料プログラミング学習

早急に方法検討しているのは、地域のショッピングモールにて、日曜日に空手練習のスクーリングをやり、その小中学生の参加生徒には 中学生・小学生 プログラミング無料学習を導入する学習普及計画です。

現在月曜日に小学生の空手指導を行い、日曜日はショッピングセンターと場所を借りる話をしておきなら活用していないことがあります。今の練習生の基本が良くなってきたことがあり、動画撮影を蓄積してインターネット空手練習のお手本にする考えがあります。小学生の夜の送り迎えの練習はたいへんという親の事情がある場合に、日曜日に月1回もしくは2回スクーリングをして、ほかは自宅で鏡の前練習をします。ひょっとしたら道場に通って、時間中のほかは何もしない生徒より上達することがあるかも知れません。

ネット検索をみると、当市内においてもおどろく数の空手道場ができています。とくに実戦空手が独自に会派を立てて乱立し、それぞれが道場を開設しています。その結果練習性が分散している状態です。さらに礼節正しくと我慢することを教え込もうという親が少くなったのではないかと思います。ショッピングモールの事務長の話では小学生の男子も、女の子と踊るリズム的なダンスにたくさん集まっているそうです。

とにかくもこちらも近隣差別化で文武両道の生徒を集客する方法を投入します。

プログラミング教育は無料で、小団体と提携する方針ですから。その試行として自宅練習・日曜日スクーリング、 中学校・小学校 オンラインプログラミング学習のかたちを取ります。1年後には結果が出ますから、ほかの県、また実戦空手・オリンピックルールにかかわらず教育システムの提供をしていく考えでいます。