学習塾に無料プログラミング学習で集客

小規模学習塾の生徒集客に、とうぶんロボットとScratchプログラミングは有効と思います。
それで案ですが中国からの輸入による調玩具的ロボット調達を考えています。
玩具の延長のロボトですが使い方によっては子供の興味を引く使い方ができます。Scratch を使用してパソコン画面上でロボットの動きをプログラミングして、アニメーションで確かめます。
この簡易ロボットはプログラムを本体内に移植できないのですが、スイッチで動作を連続記録できます。ですからプログラミングと同じようにスイッチ操作をして動作を記憶させます。
小学校低学年としてはけっこう楽しめると思います。アニメーション以上に臨場感があります。

無料配付可能ロボット

ロボット本体にScratch やPython のプログラムを移植できるとなると価格が1万円以上になります。それは次のステップとして、中国製簡易ロボットは学習塾の入会金や1か月の月謝内で提供ができますから、入塾生徒に無料配付をするわけです。
これなら良い使い道と思います

近隣塾より集客に有利

文部科学省の中学校・小学校プログラミング指導方針と父兄の要望に合わせた教育システムを提供します。基本に力を入れますが、プログラミング的思考どまりの学習ではなく、実務プログラムを組むための知識を段階的にやさしく学習します。
学習塾の先生は、生徒が参加するときにノートパソコンにプログラミングのソフトをセッティングするのみで、あとの指導を要することはありません。

参考記事 大手学習塾チェーンが進出

ロボット講座は生徒集客に有効と考えるに至りました。全国にもロボットセミナーが乱立状態です。
そんななかで、簡易な独自のプログラミング言語でなく学校の授業で習うScratch でそのままプログラミングして動くロボットカーの導入の方向です。人工知能も考えた学習ロボットになっています。

Ai用言語Pythonでも動きます

学習塾でやっていただきhたいこと