空手教室近隣差別化の進行

中学校・小学校プログラミング指導において、空手教室の関係を、福井市で率先モデルをつくることで進めています。別ホームページを制作中でこれをサイト検索上位にあげます。以前別なテーマで確認をしましたが、都道府県で上位にあげるのは容易になります。さらに街の範囲でとなるといっそうヒットします。実戦空手が分派してたいへ空手道場が多くなった現在、SEO対策で上位にあげることはとても重要です。ご自分の道場の連絡用では生徒が増えません。各空手道場は相応に特徴を掲げています。ホームページでご覧のとおりです。その中で文武両道は私もっ掲げたことがありますが、じっさいはただ勉強もしなさいということで勉強を教えるわけではありません。勉強が嫌いな子に勉強しなさいと言ってもしないことでしょう。
そこで今回の練習生増強構想では、中学校・小学校プログラミングを抱き合わせました。
①文部科学省の方針で小中学校にプログラミング教育を取り入れ、父兄や生徒は関心んを持っている。
②プログラミングの基礎を習得していると将来プログラマーやSEの職に就いて安定した収入を得る可能性がある。
ことからです。
無料でプログラミング指導をしてくれる道場と、我こそは強いと言う道場と生徒や親はどちらを選ぶかの試行です。

福井市では夜に親が送迎をできない生徒に対して、動画を見て自宅で鏡の前で練習し、日曜日にスクーリングを行い姿勢を正す指導方法です。宣伝と効果期間を入れて9月からとなりそうですが、反応についてはこちらノホームページに掲載をして行きます。