福井市駅前に活動拠点の計画

小規模学習塾と自宅を利用する学習塾の生徒集客に関してです。この小学生中学生プログラミング無料の工房活動をサイト検索上位ヒットへの試行をしています。
現在はキーワードが『小学校中学校プログラミング無料』で1ページ目に表示されます。つれてアクセスが増え始めています。
他のキーワードでも上位に表示することに取り組むいっぽうで、都道府県名を入れたキーワードで早く上位ヒットする試みも始めました。こちらこそ全国の参加のかたの生徒集客に効果を表すことになります。
上位表示に見え隠れするのが3か月後からで、確定的になるのは6か月後です。その間に手を抜いてはいけません。やることは
② 室の記事を書き続けること。
②リンクを貼り合うこと。
で、ほかに多くの配慮事項があるのですが、私も手が回りませんし、みなさんもまずこのことをしっかりやっていただければ住む街内でなら効果がまずあります。特に②によって、現在やる試行よりも早く確実に検索上位に上がるはずです。
今週の計画として県の行政関連へ出向く考えがあります。多くのNPO法人のように寄付や補助金で運営するのは好きではないのですが、学習や打ち合わせの場所の提供を何とかしてもらえないかと考えています。生徒の学力が高い県ですから、IT・Ai技能についても高い水準にもって行きたいです。ただ当県は他の時々全国1位になる県のように、県がテコ入れして学習をさせているようなことは見られません。
誠実な県民性と、雪国の粘り強さからだと思います。

それで現在のプログラミング教材化を進めながら、駅前に場所を確保し
①進学県立高校の生徒1・2年生に無料でプログラミングを教える。
②退職して何もしていない高年者がロボットや簡易的なプログラミングの学習と交流をする。
という活動をします。
母校の高校生に無料で教えるのは、2~3年生になれば大学生になってさらに進んだプログラミングの勉強をすることがあります。質問・回答ネットワークを見て、時には回答をもらいます。また後にIT・Ai技術者になる生徒もたくさん出るはずです。
地元で教師になる学生もたいへん多くなっています。