論理思考能力は特別に必要なのか

プログラミングはけっこうたいへんなときもあります。
若くて優秀なひとはプログラムを組むスピードは早いでしょうが、勉強し始めや、今の私の状況などでは、ときにはかなり無駄な、能率の悪いことをやります。
問題解決はつけましたが、みなさんに学んでいただくオンライン教材が、全部をインターネットに載せたら動かなくなりました。
①パワーポイントで制作した画面を画像データー化。
②カタカナのファイル名で出力された。
③そのままデーター名にしてサーバーに登録し、制作したプログラムで表示したところ画面で正常に作動。
④インターネットでは全角文字は使わないのを、改善されたかと解釈して全部の教材をオンライン化した。
⑤それまで表示された説明の画面が、作動しなくなった。

なにせ大量の画像データーですから困りました。どうにも正常作動しないので、3日かけて全部のデーター名を半角英字に変更しました。表示部のプログラムも変更ですからたいへんな量です。
うっかり鵜呑みにしないで、自分で経験・確認して来た確実な方法を守っていかないとたいへんな時間ロスになることに反省を強いられました。

とにかくもJavaScriptは中級レベルまでがインターネットに載りました。続いてロボットを動かすPython です。
あい間に小学生プログラミング対象のScratch も計画しています。ひとを雇用すると無料学習できなくなりますから、ひとりで制作をしています。

さて2020年の文部科学省打ち上げの小学校中学校プログラミング教育必修によって、数多くの塾・パソコンスクール・大手教育会社・IT企業までがビジネスチャンスとしてプログラミングを良いことづくめの宣伝をしています。そんな中で、ふと疑問を感じます。
論理思考を全面的に良いこととして押し出す宣伝が多いのですが、これまでに論理思考が育ち優秀なひとはたくさんいます。シェークスピアの作品ですら、分岐判断が出て来ています。
「To do or not todo.」
です。ハムレットですね。

論理思考ができない生徒に、その考える習慣を付けさせると言うことでプログラミングを取り入れるつもりでしょうか。現職のときの私の周囲を見ても、プログラムを組めるひとはほとんどいないほど僅かでした。しかしみなさんしっかりした仕事をしています。今さら論理思考の勉強を強調する意義があるのかです。

つまりは流行に載せられるのでなく、コツコツと基礎をしておき、そういう道への選択に向かったときに一挙に勉強をし直せば十分実用になります。少なくともこの学習では中級レベルまでのことをオンライン教材化しており、それだけでもかなりのプログラムを組むことができます。
そして6人にひとりと発表されている貧困家庭の子供が、不安定な職やフリーターなどに就いて連鎖を起こすことなく、自分次第で勉強を重ねてプログラマーとしての道を進むことの可能性はかなり高まると考えています。
最近の現状は入って来ませんがネット記事では独習でプログラマーになるひとは多いとあります。良いプログラムが組めればいいので、学歴ではない世界とも言えます。

ほかロボットはどうしても子供の関心を呼ぶことがあり、本来の目的である小規模学習塾の生徒集客には有力です。いま手が届く値段で良いロボットを探しております。まだ国内販売にならないもので候補を見つけたのと、遊び感覚で小学校低学年対象の中国ロボット輸入をします。
具体的にどのように活動するかですが、ひとつの塾で近隣から借りるか、複数台を使って地域でロボット講習を開き、プログラミングを無料で学ぶことができることを周知宣伝することが考えられます。
私の方では地区内のショッピングセンターでロボットイベントを行いますし、空手教室で場所を借りているので、その1時間前にプログラミング学習を開く計画をもっています。
とにかくも言えることは、まず参加をして率先して良い方法をつかみ、教えて欲しいことです。それを参加者で共有して行きます。教え合っても各都道府県で隣接する、競合する学習塾は参加できないことになりますから、うまく行くのを眺めているのではなく、先に試みることをお勧めします。早いほうが、サイト検索で街や都道府県で1ページ目上位にヒットするなど有利なメリットがあります。
ロボットセミナーの生徒集客効果も、早く享受できると思います。