電話アポイントを使うかどうか

パワーポイント制作の小学生中学生プログラミング教材をネット化するのにはかなりの手数がかかり、表示違いの習性にまた多くの時間を要しました。次の言語からはパターンを保管したので早くなります。
プログラミングの関数やライブラリの考えと同じですね。
ネットに載っている一部無料の教材は、動画を取り込むか撮影して音声説明しているので、とても制作は簡便です。学ぶひとがすでに別言語に熟知していて、追加で他のプログラミング言語を学んだり、すごく頭がいいひとにはそれで良いと思います。さらに説明者はとても早口です。頭脳が優秀なひとが自分のペースでしゃべっているのでしょう。

つぎの言語はPython で教則本は読んであって初級レベルまで理解してあります。さらに中級レベルまでのオンライン教材を制作して、簡易なロボットを動かすまでにする必要があります。それと学習塾生徒集客も支援活動を本格的にスタートさせます。現在はこのネット上だけで公開していますが、広告費は負担して公開する考えです。

以前に電話アポイントで別なことを計画しました。医療関連ですが、東日本震災後のしばらくのときで、安くサービスするから使って欲しいとのネット広告でした。電話を掛ける名簿を大変苦労をしてつくりました。キーを打つ操作がだんだんヘタになっています。さらにエクセルの決まった形式に仕上げて欲しいと言うのでそのとおりに修正して膨大な数を作りました。
さて安いと言っても大金です。簡単に行くことができない福島ですから、ホ-ムページの会社を安易に信じてデーターを送り、メールで言って来たところにお金を振り込んで良いものか・・・・。
東京に住所が書いてあるので、ちょうど東京へ行く用事ができたのに合わせ、データーとお金を持ちました。そして東京での前日、福島の担当者とメール連絡が取れなくなりました。電話にも出ません。それでも震災に遇った福島のことですから、何かの都合かと考え、翌日かなり遠方の事務所を探して出向きました。ようやく見つけたのはマンションで、入り口は鍵がかかって部屋の前まで行けません。狭いエントランスに立ちっぱなしです。

東京事務所の電話番号にかけでもかけても出ません。仕事開始の時間ありかと10時まで1時間半立って待ちました。
ようやく電話がつながって女性が出て、要領を得ない話です。私が立っているところは会社ではないようでした。ただの知り合いの住所を使っているのか、架空なのか。女性も知り合い程度のようです。
事務所の前に長く立っているから降りて来て欲しいと言っても来ません。

福島の担当者に、東京に出て来ているからと連絡を取って欲しいと言っても実現しないのです。
とても暑い日、2時間そこにいて離れました。

詐欺なのか、横着な会社対応なのかわからないのですが、たいへんな被災にあった東北のことであり考えないことにしましたが、たいへんな時間ロスでした。名簿作成に毎日取り組んで、2週間はかかったと思います。
しかし今回の活動でテレアポでダイレクトに一定規模まで参加者を増やすかも知れません。本来は草の根でやりますが、次の活動が控えています。

法的な詐欺までは行かないスレスレで、世にはいろんな話があります。

プログラミングを学ぶとバラ色のように誇大に書いているスクールがありますし、いっぽうでは地道に基本を身に着けておくと将来によかったと思うことがあり得ます。
私の活動は後者であり、地道ながら多くの小学生中学生に学んで欲しく思います。