プログラミングが難しいと書いている素人がいます

このようなプログラミングスクールの宣伝文がありました。

『実現したいプログラムを組むことは一筋縄ではいきません。壁にぶつかった時に、自分の頭で考え抜くとともに、先生からの適切な指導を受けることで、プログラミングスキルを飛躍的に伸ばします。』

プログラムが組めない人が宣伝文句を書いている

このひとシステム開発をしたことがあるのか、スクールに頼まれて書いているライターのひとなのか、まったく的ハズレで困ったことです。たぶんライターでしょう。
まずどのようなシステムを開発するのかです。前人未踏の分野をひとりで開発するのでしょうか。宇宙開発などです。そして自分で考えるのか、先生がついているのでしょうか、どちらなのでしょう。
まず冒頭からはシステム開発に携わっていたことはない読めます。そのときにまず先生が横についていてくれることはないと思います。チームを組み、持ち分のところをプログラム開発するでしょう。そしてどうしても論理が通らない時は、ひとの目で見てもらったほうが別な視点によって解決することがよくあります。チーム内で解決と思います。
そしてプログラミング・スキルを上げるのはいろんな事例に合い、自分で考え、解決してその方法をプログラムライブラリーのように頭の中に蓄積していくことです。つまりつぎにはすぐに取り出すことができます。
別に普通の勉強と同じですね。
プログラムを習う段階とシステム開発の段階をごっちゃにしている、やはりIT技術者ではないと感じます。

プログラマーに独習者も多い

別なサイトを読むとお分かりですが、プログラマーには独習者がかなりいると書いてあります。現在はパソコンが自分で買え、自由に使うことができるので独習ができてレベルの向上もできます。
コンピューターなしでプログラミング技術や思考力が身に着くと言っているのは、私の経験から問題外といたします。
プログラムは複数のひとが組んでまったく同じものはないと言われました。現在もそうと思います。プログラミングは覚えた命令語の論理の組み立てを独自にやり、目指す結果を得ます。そのひとつひとつのステップはどうにもならないほど難しいものではありません。別な問題で、全体的な把握が適切になっていないなど、統合が取れていないから作動しないということがあります。
最近はフローチャートを書かないSEが多いようですが、部分を突き詰めて間違いないということで統合しても、全体の論理が合わないことが出ることもあります。
具体的な原因は発表されませんが、銀行のATMが何年も経ってからダウンしたり、列車運行が急にうまく行かなかったりが実際にあります。

プログラミングは難しくない

つまりプログラミングは難しくないと考えてください。高度なテクニックを凝らして、ステップ数をすごく少なくしたりするのは必要ありません。コンピューターのスピードが速いので、そんな程度は覆い隠します。昔はそういう技術を誇るひとはいました。
C言語など学習するときに難しいことはあります。しかしそれはライターが書いたように”実現したいプログラムを組む”時ではなく、学習をするときです。
ただしゲームソフトについては私はわかりませんが1と0だけで動かすマシン語が必要だったりして0コンマ数秒を競うスピードが要るのかも知れません。それは特異な分野ですから、専門の勉強をなさってください。

当小中学生プログラミング工房の活動は小中学生で高額のスクールで先生につけないような家庭の経済状況の生徒でも安価に、また無料でプログラミングを学ぶことができる活動です。地道にコツコツひとつづつ理解をして行けば、プログラミングはやさしいと思ってください。

Q.質問です。末の写真でしてはいけないことがあります。わかりますか。