Python のやさしい実行

Python は先にJava Script を学んでいますと、学習中にちょっとばかり手間なことがあります。
Python はPythonインタプリタがコンピューターにわかる1と0の信号に変換をします。それでインタプリタを記録してあるところから呼びだして、それに作成したプロgラムをかけることになります。
Java Script はHTMLインタプリタが作動させてくれるので、グーグルなどのプラウザで手軽に実行結果を見ることができます。

それと同じようなやさしい方法を試みました。

プログラムを見やすいエディターで制作します。
サクラエディターでもメモ帳でも良いです。画像のようにプログラム文を記述します。
それをコピーしてPython の稼働画面い張り付けるとすぐに実行がされます。この場合インタプリタという命令文を1行づつ読み取って実行して行くしくみですから、その命令文が表示された後に結果が出ます。

Visual Studio Code をがいち番使いやすいとネットに書いているSEがいますが、こちらのほうが入門者には余分な機能にまどわされることがなく、あっさり・スッキリしています。
小中学生プログラミング無料普及活動では、簡易的なエディターを使うやりかたで当面は進めます。

短いプログラムでテスト
実行されました
あ命令は1ステップづつ実行される

小中学生のプログラミング学習はこのやさしい方法で行こうと思います。