英語を仕込む親は大量の英語絵本を読ませ続けるか

Scratch 学習で、教材がないことして数多いスクラッチのプログラム教材を作成して、スクールへ利用さえるサービスがありました。月額はそう高くないです。良いのではないかと思います。
しかしながら小中学校プログラミング無料普及の当工房では、Scratch  はロボットを動かす言語、また小学生低学年のほんの入門用として興味を湧かせるためとしています。英語を習い始めた学年では早く別言語に向かわせる方針です。
Scratch でプログラミングの経験を数多く積ませる必要と効果があるのか、私は疑問に思います。文部科学省が言うように、論理思考や手順を考える処理が思考に役立つと言うことなのでしょう。
そのような思考はプログラミングを本格的に組み始めればすぐにつくと考えています。
英語を早く見に漬けようと言う子供には親がどんどん上のステップ、つまり高学年の勉強につかせます。外国人と交流するような場にも出させると思います。
英語熟達を目ざすのに、いつまでも英語絵本を大量に読んでいる子供はいないでしょう。それと同じで、次のレベルに行かないで、くり返し訓練をしていても、井戸の中で泳ぎ回っている蛙のような気がします。泳ぐ技術はいろいろとあるのでしょうが、井戸は井戸です。

小中学生プログラミング学習無料活動では、なるべく早くPython、Jaba Script に入ることができる準備ができています。