福井の児童をスクラッチ以上のレベルに

福井でもスクラッチのプログラミングスクールや講座があります。
スクラッチはプログラムがどのようなものかを遊び心で体験をするものであって、実務には程遠いです。
思考力や論理力をつけると、うまい説明があるものの実務プログラミングからはそれほどの向上は伺われません。最低JavaScript の学習が必要です。
ただゲームや漫画にふけっているよりは良い、といったレベルと感じます。
ここでは小学生はJavaScript をやさしくしたテキストで学習することを考えています。
スクラッチは家で親子が楽しみながら体験するといった利点があります。
JavaScript は加えてHTMLとCSSを学ぶことによってインターネット関連で仕事としてやっていくことができます。スマホの発展モアリ、インターネット技術はまだまだ続くと考えられます。世界的にプログラミング技術者は不足していると言われています。

私はJavaScript を真剣にやって脳が活性化、頭が良くなったのを実感します。
というのは挫折が70%弱と書かかれているC言が、スイスイではないにしても理解できたからです。つまりやさしいプログラミングをして、プログラムが分かったちゅもりになっても、何の高kマオないということになります。頭を悩まして、再挑戦を続けて脳が活性化します。
相応の負荷が必要で、どんなもものか体験してみようでは、教育の効果がありません。
現在いJavaScript を少しづつ進む、さらに段階的なやさしいテキスト制作にかかっています。もちろん優しく理解して、例題で頭を鍛えるというしくみです。
学力日本一の福井県がきちんとしたプログラミング学習により、それを維持しさらに向上できる可能性は秘めています。