工夫されたプログラミングテキスト

JavaScrit 語の小学生用のテキストができつつあります。
全言語にそのようにしますが、例題プログラムがあると、下記の画像のように黄色いアイコンが出ます。
クリックでテキスト形式のプログラムが現れ、参考にしたり実行させることができます。
自分が入力したプログラムがどうして通らないのかを、1行づつ確認して発見できることになります。
地道な勉強が自分のミスのパターンを知り、再度やらなくなります。
数多くのプログラミングパターンを頭に蓄積していきます。

ネットの宣伝で、ライターが書いた文章、
『現職のSEが教えます。』
『オンラインですぐに疑問に答えます。』
『(そうそうたる)大学の先生が講師・・・。』
こんな勉強は実戦には使えない、と実務面からは感じます。
地道なことの積み重ね、とことん考えることが大切です。
さらに現職の技術者が、企業内の最新のことを教えるはずがありません。
ごくふつうの基本です。
実務のことは会社に入ってから企業研修で、現場で必要な内容を教えます。

たいへんだなあ、と思う必要はありません。制作したテキストはやさしく段階的に、理解しながら進み、いつでも後戻りして繰り返すしくみです。
むしろ頭が良いSEが、自分は解っていてスイスイ本を書くから、わからなくなります。

小学校中学校プログラミング学習活動が福井でもう始まります。