成果を出すにはどうする

有名コンサルタント会社で業績トップだった柳生先生の、大阪での講義で、私は11のキーワードが次の週になると、記憶から出て来ませんでした。
私は退職してから大阪まで毎週6か月通ったのです。
このように先生の説明を聞いていますとすごく良くわかり、大いに活用できる気がします。
あなたにとっていま一番の成果とは、試験での点数が上がることです。
先生の成果を上げることが、今の一瞬に
「いまやっていることが成果が出る行動かどうか。」
を常に考える習慣をつけることです。この継続が、成果を出す事につながって行くのです。

この今が間違っていないかを確認するのが柳生先生オリジナルの”11のキ-ワード”です。
若くて理解力が高い時に、これを身に着け、使い続けるなら、藤島高校生は一生のうちに相当の成果を上げることになると言えます。