教科書暗記の効果と方法

中学校の英語教科書は英語学習の基本です。
英語使用上の取り決め、つまり文法もに異常会話の基本もみんな教科書に込められています。学校の先生の多くも教科書を暗記することを勧めています。
その方法は
①音読する。
②紙に書きなぐって覚える。
の2つしか書いてありません。しかし音読はよほどの集中力が続くひとでないと、途中で意識が離れてしまいます。
それで当活動ではパソコンを使って、教科書の英文と日本文を交互に表示して覚える方法を開発しました。
聞いて來るから答えようとする。この脳の習慣を利用して集中力保ちます。
教科書を暗記していると学校の中間試験や期末試験で90点が取れます。ただしミスをしなければです。教科書から多くの問題が出されます。
この1科目で点数が取れるちうことは、たいへnおおきな効果を表します。自信とともに、心も頭も活性化するからです。そのzy報体でもってjほかの科目にも取り組んで行きます

教科書暗記hあ当初は演舞をこちらで入力する計画でした。ところが教科書にも著作権が立ちふさがり、かなり高額です、さらに1ページについてその50%しか許可されないことがあります。
どっちみち半分を自分で入力しなければならないのでしたら、勉強仲間でチームを組んで入力し合うという方法を取ります。
その制作したものは自分たちの勉強以外に、他へ出すことはできません。

英単語の記憶チェック
パソコンで使用できる英単語データーとそれを表示するソフトを無料提供します。英単語も教科書の著作権があり、まったく今日k小夜と同じものをつくててゃありません。余分なものを簡単い非表示にすることができます。
しかし実力テストや全国模試などがありますから、ある程度余分に学習しておくほうが良い点数が取れることになります。
この2つのソフトはデモンストレーションで見ることができます。