学習塾へ行けなくても、高額塾の生徒に受験で勝つ方法

活動のねらいは、成績レベルが中にいて、高額の学習塾へ行けない家庭の生徒の総合的な能力を引き上げることです。
成績優秀な生徒が勉強して難関大学へ入る世の中のしくみはこれまでどおりです。それによって日本の経済力は落ちる一方で、アメリカ・中国にGNPで大きく差をつけられての3位です。
貧しい農業国チュ語句gあ目覚ましい発展を遂げたように、大人口と消費を抱えたインドが同じように発展する可能性は大きいです。
そうなれば日本の信頼は世界から後退します。

優秀な生徒が難関大学コースに進むのではなく、普通の生徒が優秀になる、底上げが日本の技術力と国力を増します。
それに必要なのは、高額塾へ行けなくても成績があがる勉強の方法です。それを考え、あなたに教えています。

理解しないとモノにならない。

これは常識で、藤島高校で数学の先生はそのように言いました

クラスにすごく頭が良い生徒がいました。先生の話を身動きもせず聞いてて、ぜんぶ理解して、頭に入ってしまうのです。急に手を挙げてする質問は、高度な内容で私にはわかりませんでした。現役で東大工学部へ行きました。
いま、そこまでではない生徒は学習塾へ行って、優秀な先生から解りやすく習います。良い先生がいる学習塾は高額です。

学習塾へ行けない家庭の生徒で、成績が普通の生徒は、そのままのレベルで進み世に出るのでしょうか。
私は後に、理解できなくても、できるようになる勉強法を知りました。
実際に資格試験において試し、その効果を確認しました。それは
「理解して覚えるのではなく、問題も答も解説も全部暗記してしまうのです。そうするとそれらが頭の中でつながって来て、答えが見えて来るようになります。」
理解は後から付いて來るという事実です

覚えてしまう勉強法

覚えてしまう勉強法は、教科書はさらりと流し、すぐに薄い問題集に取り組みます。問題集は1冊を徹底的にやり、5回から7回くり返します。この勉強法を考え出した(当時は)青年のところへ、2浪で医学部が受かりそうもない女生徒が、噂を聞いて泣きついて来ました。
青年は東大の問題が全部解けてしまい、大学に興味がなくなって予備校の掃除などのアルバイトをしていたのです。
女子生徒は忠実に指導どうりの勉強をして、長崎大学の医学部に合格しました。
それで暗記した勉強が果たして役に立つのかですが、女医となったそのひとは、過酷な医師の仕事をこなしています。知識量、判断力、機転、あらゆる能力を必要とする医師ができていることになります。

具体的には、中学生も高校生も1・2年生でプログラミングを学習して脳機能を高めます。これは私が実感しています。そしてその頭でもって3年に受験体勢に突入します。
他の記事に、英語に早く取り組み得意科目にしてしまうことの重要性を書いています。そのために英語教科書を暗記するソフトを開発しました。

英単語は難関大学受験必要数6,000を上回る7,200語がデジタル化してあります。特に教科書暗記は一般の音読法に比べて、確実に頭で再現ができます。

①早期プログラミングで脳を活性化。
②覚えてしまう勉強法と問題集を徹底的にやる。
③英語には早くから取りかかり、得意科目にする。
④進行管理を確実にする。

自分で勉強範囲を決めてしまう

最期は、優秀な先生に習わなくても、徹底した勉強の進行管理をします。自分でできるひとと苦手なひとがいますから、方法を考えてあります。
勉強ができないのでないけれど成績が上がらない生徒は、自分の固定化ン円では勉強範囲をつくってしますことです。
 「これだけやっておけば、いいや。」
ということです。できる生徒は圧倒的な勉強量をこなしています。
実際に藤島高校においてです。朝の通学バスの中で藤島高校の女生徒が友達と問題の言い合いをしていました。それが教科書の欄外の小さな文字の説明まで出し合っていました。
私はそんなところまで出ないだろうと、やってはいませんでした。その日の試験の結果、欄外から3問が出ていました。

の4つです。普通のレベルの生徒の成績は必ず上がります。手取り足取りが必要な生徒への効果は疑問でして、それはそういう学習塾があることと思います。

それから記事のあちこちに書いていますが、
長男が大手有名予備校へ入れ、朝から夜遅くまで勉強をして成績が上がらないどころか、どんどん落ちて行った事実を書いています。次男は薬学部に通いながら医学部の受験勉強をしました。予備校へは行く時間もお金もありませんでした。いま、現在大学病院での研修医を終えたところです。

有名夢や大手予備校で成績が上がると思っている生徒のひとやご父兄。
学習塾へ行けないから勉強ができないと言っている生徒のひと。
まったく違うということの実例を書いています。

進行管理ネットワーク

希望生徒が集まり、それからの試行ですが、勉強の進行管理・励ましをしてくれるしくみづくりを進めます。
①高額塾で、解るように丁寧に勉強を習う必要はない。
②すぐ問題集に入り、徹底してくり返す。
③自分ではダラケルので、進行をチェックしてもらう。

この3つで飛躍的に成績を伸ばします。
サイトを調べたところ、すでにある無料授業で十分です。
◎学校の授業をしっかり聞く。
◎無料のネット授業で復習。
これで十分で、問題集に入ります。でもそれこそ圧倒的な勉強量で、ちょっと頭が良い人・高額の学習塾へ行っている生徒を追い抜きます。

他に詳しく書いていますが、私の次男は独学で国立大学医学部へと進みました。それも日中は薬学部に通っていて、予備校に行く時間もお金もありませんでした。これに比べたら、あなたは時間的に有利と思います。

この進行管理をおひとり暮らしの高年者にやっていただきます。
週に3回目安で、生徒は近況・勉強の進度を報告します。
もし相手から返事が返らないときは、こちらセンターに緊急連絡をください。
登録の身内や関係する行政機関に状況を伝えます。