わかりやすい説明と進行状況

このプログラミング学習活動は、高額な講座料金を負担しなくても最新のプログラミングの基礎を身に着けることができます。スクールに行ったり高額なオンライン講座を受けなくても、安価な月会費で学ぶことができます。
学習はオンラインテキスト形式になっています。
そして一方的に流ていくのでなく、スライド式で自由に停まり・戻り、くり返すことができます。さらに各ページには音声説明がされています。

プログラミングは難しくない
テキストはプログラミング技術の初級から中級の下レベルとしています、具体的に的に言えば市販の本で3,000円くらい、550ページ程度の入門書の内容を取り上げています。
しかしながら基本の命令の使い方を覚えますから、その後は必要な命令を覚えることにより、英語学習で単語・熟語を増やすかのようにより実務的になって行きます。
ひとつには世に言う、またあなたが思っているほどプログラミングは難しくないということです。段階を踏んで知識を積み重ねればかなりのことができ、後は工夫とセンス次第になります。
またプログラムは腕の見せ所のように複雑な論理で組むこともできれば、やさしい命令と短い論理の回路をつなぐこともできます。特別な処理でない限り結果はほとんど変わりません。

Javascript・Python・PHP の基礎編のオンラインテキストが制作してあります。ただ現在JavaScript でプログラミンの基礎を取得し、C言語の基本までを学んでいおただくことに力を入れています。」
これができればPHP・Pythonを学ぶことはそう困難ではありません。またIavaScript
とC言語の基本を取得していますと、市販の中級の本やネット上で書いてあるプログラムが理解できて、知識を増やすことができます。

Pytronの初級教材制作


Pytron はJavascript よりも難しくないことがわかりました。Pytronはいろんな処理がパッケージ化され、それがブログによく使われるワ-ドプレスのように多くの善意の技術者により提供されています。論理思考を凝らした細かい処理を自分で組まなくても、パッケージを利用してデーターを与えることで結果が返ってきます。
この方法がこれからプログラミングの主流になるでしょうし、学習用としても多く取り入れられるようになると思われます。

パイソンの環境セッティング
Pytronは続いて独習で進んで行くくことが可能ですが、プログラムを組む学習環境の設定を説明を作りました。
http://doctor1.boy.jp/ph-1/1.html
AIシステム絵御開発するのに使われ、欧米でもたいへん人気が高く、給与待遇が良いことになっています。高度なAIになるとC言語の知識g亜必要で、その増補版であるC++が使われます。

C言語の基本教材完成
C言語の基礎編オンライン教材化ができています。Python とC言語ができれば7人にひとりと発表されている貧困家庭の子供が将来同じ家庭を築くという連鎖を断ち切ることができる収入になります。挫折個所のポインタと構造体は、優しく段階的にせ説明をしています。続いて特に基本的な例題でパターンを覚えることで、まず挫折はしなく進むことができます。

将来への選択
C言語とPython ができればリストラや会社倒産に遇ってもまず生活ができます。プログラムの需要は経済発展とともにアジアからアフリカへと広がります。挫折がないようにC言語テキストを制作していますが、それでも理解に至らない場合は、Javascript・PHP・HTML と学習し、インターネット分野で仕事をしていく道があります。スマ-トホンも交え、インターネットプログラミングもまだまだ必要とされます。

質問に答えるネットワーク
質問・回答の掲示板がつくってあります。わからないひとはここに投稿し、先に進んでいる生徒は一緒に考えて回答をしてください。これはご自分にも最高の勉強法となります。
掲示板はJavascript とC言語に対応しています。活動主宰者の私と現職のSEが巡回をして、回答が得られない難解な質問に回答をします。

プログラミング学習のねらいとするところは、技術そのものに加えてプログラミングで脳機能を向上させることです。言い変えれば”頭を良くする”ことで、一般の学業でも成績の向上が十分に望めます。
それを確固たることにするため、
①英単語の暗記チェック。
②英語教科書の全暗記。
のソフトを準備しました。英単語は中学校での1,700語。
難関大学に必要な6,000語を網羅(もうら)しています。
データーは簡単につくることができるようになっていますから、中学生ならまず教科書に合せたものに抽出することができます。
友達と読み合わせてつくるなどです。

パイソンの環境セッティング
http://doctor1.boy.jp/ph-1/1.html